ホワイトペーパーと活用事例
(バックナンバー)

                

No.12ローカル動向

地域色豊かな「鍋つゆ」
大手と地場メーカーのCM戦略
地域色豊かな鍋つゆは、CMと売上の関係性も地域ごとに特徴的です。福岡では売上シェアNo.1が地場メーカー、広島には8ブランドものCMが乱立など、興味深い結果となりました。今後全国個人視聴率化に伴い、全国共通指標でエリアマーケティングを遂行できる時、各社の戦略がどのように変化するか気になります。

No.11トレンド

年賀状 発行枚数連続減少も、
増えるCM出稿の謎 その2
注目が集まる日本郵便の年賀状。発行枚数は16年連続減少ですが、CM出稿は増加。都市圏への集中、出稿タイミングの先行投資型化の戦略シフトが明らかに。戦略シフトがCM効果測定の結果に与える影響も気になります。
 PDFをダウンロード

No.10ローカル動向

トイレタリー大手3社のテレビCMトレンド
(後編)
後編では東名阪以外の花王、P&G、ライオン3社の各ブランドの出稿量に注目。浮かび上がったのはローカルエリアで特色ある動きをしている1社でした。
 PDFをダウンロード

No.9時系列分析

トイレタリー大手3社のテレビCMトレンド
(前編)
花王、P&G、ライオンのテレビCMの3年間の推移、事業別の出稿量の構成などを分析。見えてきたのは、意外な3社3様のトレンドでした。キーワードは、「選択と集中」。
 PDFをダウンロード

No.8ローカル動向

「ラン活」
 市場は拡大するも ローカルエリアは争奪戦
「ラン活」とは、就学前にランドセルの購入を検討する活動。少子化なのにランドセル市場が伸びているのはなぜか?市場を全国で俯瞰するとローカルCMが多いことが浮き彫りに。
 PDFをダウンロード

No.7時系列分析

過去3年分のデータから見えるビール業界のCM合戦
2016年から2018年末までの3年間のビールのCMトレンドをまとめた。ホワイトペーパーNo.4のアップデート。今回は、各ブランドのエリア配分やローカル限定素材まで言及。
 PDFをダウンロード

No.6トレンド

年賀状 発行枚数連続減少も、
増えるCM出稿の謎
発行枚数が15年連続減で話題の年賀状。「嵐」でお馴染みのCMは過去3年で最大の出稿量になり、その要因が関東関西以外の地方での出稿増である事実がMadisonにより明らかに。
 PDFをダウンロード

No.5ノウハウ

テレビCMの効果測定に必要な3ステップ
日本で初めて全国のテレビCMが可視化され、テレビCMの効果測定が可能となった。導入事例のベストプラクティスから効果測定に必要な3ステップを明らかにした。
 PDFをダウンロード

No.4時系列分析

過去データから見えるビール業界のCM合戦
過去の全国エリア別CM出稿データを持つ「Madison」を活用して、ビール業界のCM戦略を分析してみた。過去3年間の熱いCM合戦の実態が明らかになった。
 PDFをダウンロード

No.3ローカル動向

地域限定CMの実態調査①
全国エリア別全CMデータベース「Madison」により、地域限定CMを調査したところ、予想以上に多くの広告主が地域限定CMに取り組んでいる実態が明らかになった。
 PDFをダウンロード

No.2ローカル動向

プロ野球の地域性を活かしたCM展開
Madisonの登場により、地域ごとにCMを変える取り組みが可視化された。そこで、スカパーが球団別全12種のCMを地域ごとに展開しており、その状況を分析してみた。
 PDFをダウンロード

No.1トレンド

2018年 花粉症対策製品のCM戦略分析
Madisonの機能を利用して花粉症対策商品のテレビCM出稿量の特徴をまとめてみたところ、各社にそれぞれ違いがあり、興味深い結果となった。
 PDFをダウンロード